Sel Flotte 東京

アイソレーションタンク

[完全予約制]受付時間/年中無休・24時間

Sel Flotte

ご予約
ご予約
プロフィール

プロフィール・ミッション

Profile & Mission
サロンオーナー / アイソレーションタンク研究家
霧城 見一 (きりしろ けんいつ)
1969年生まれ 天秤座 A型
アイソレーション(フローティング)タンクとは、1954年にアメリカの脳科学者ジョン・C・リリー博士(心と脳、イルカの研究をした伝説の科学者)により考案された「感覚遮断装置」です。

元々は「脳は五感を通し感じる外的刺激に対し、どのような反応を示すのか?」が実験のテーマでした。

ところが実験の最中、リリー博士はテーマとは異なる第二の発見をします。

それは自らのフローテイング実験を通し「これまで体験したことのない深いリラクゼーション(弛緩)と休息」を得たことでした。

そして私自身も今から約13年前、リリー博士の装置に出会い、ボロボロの身体が完全復活した感動経験を元にフローティングマシンを所有するに至っています。

フローティングに出合う前の私は、乳化や微生物などの研究・開発に携わり、始発で会社に向かい終電で帰る~そんな生活が続き、精神的にも肉体的にも日々限界の状態でした。

数少ない休日は家族とのふれあいも満足に出来ず、様々な治療院に通いますが改善なく、慢性的な疲労~その疲労から来る睡眠障害に長く苦しめられ、生きる目的さえも失いかけていました。

そんなある日、さまざまな出会いを経てフローティングタンクに出会い、少しづつ健康を取り戻していきます。

その健康を取り戻した体験は当時の私にとって強烈なインパクトを残します。

元来研究体質の私はそれ以来「健康とは何か、回復とは」に始まり、フローティングの海外の研究文献を調べ、即実験・応用、更なるフローティングの効果・精度を高めるデータを収集し、学者・研究員・医師の方などのネットワークを築き、快適かつ独自のフローティングの世界を作り上げてきました。

まさにセルフロッテでの体験は私の10数年掛けて磨き上げてきた知恵の結晶であり、日本におけるフローティングを通し健康を取り戻す最先端のサロンの一つで、いまなお考え方は再構築され進化し続けています。

私がフローティングを普通のリラクゼーションと違いお薦めする点は様々ありますが、その一つにフローティングはこの肉体を単なる有機体として視るのでは無く、未だ解明されていない人体の未知なる可能性の蓋をこじ開ける「トリガーとしての役割」を大いに秘めている点です。

肉体的・精神的・そして文化的にも成熟した日本人には、未知であるアイソレーションタンク体験は必要不可欠であり、個人の底知れぬ可能性を引き出す為にも、常に感覚を研ぎ澄ましクリアで有ることが、本来の使命を果たす事に繋がって行きます。

リリー博士が 「世界の人々が体験すればきっと世界は平和になる」と言ったように、この有効性があると証明されたテクノロジーを体験し、ストレスに負けない健全な身体を体感してもらいたいのです。

現在私は残された人生を「研究所におけるフローテイング現象」を更に理解し現実レベルに落とし込み、「不調に悩む人たちに明るい未来を」の実現に命を費やしています。

「健康により人生は変わり、人生を変えるのは健康である」

セルフロッテはストレスからくる悩みをフローティングを通し、よりよい人生へと変えてゆく手助けをしてまいります。

※ セルフロッテは医療機関ではございません。 治療を目的とした医療行為は一切行っておりません。
PAGE TOP
プライバシー・ポリシー